みんなが飲んでる青汁情報

みんなが飲んでる

一日で野菜を350グラム程度きちんと食べきるようにと厚生労働省から定められている「一日当たりの理想的な野菜摂取量」の中に、記載されています。しかし、実際のところそうは言いましても日本人の野菜摂取量というのは280グラムすら平均しますと満たしていない状況なのです。つまり、慢性的とも言える野菜不足に現代人というのは陥ってしまっているワケです。生野菜やサラダなどを確かに、毎日きちんと350グラム摂取しなければいけないのは意識していたとしても実際のところは困難なことかもしれません。しかし、この基準を効率的に満たせる方法というものがあります。

 

まさにそれが「青汁」を飲用することです。医薬品ではありませんので、青汁に即効性は確かにありませんが、様々な身体の症状を改善させることが出来ます。また一切副作用というのは報告されていませんが、いくつか飲む上で注意しなければいけないことは挙げらることが出来ます。何事に関してもとにかく「やりすぎ」というのは良いことではありません。青汁だけではなく、これは全ての食品の摂取についても同様のことと言えます。過剰な摂取を続けてしまうことによって、どんなに健康に良いとされる食材だったとしましても、身体にいつか悪影響を与えてしまうことになります。例えば、一日に何杯も飲んでしまうことによって青汁の場合でしたら過剰摂取になりますと、食物繊維が青汁には豊富に含まれていますので、食物繊維の必然的に過剰摂取ということになります。不足してしまったとしても食物繊維は健康トラブルの直接の原因にはなりませんが、摂取のし過ぎも良いことはありません。具体的には「ミネラル」の吸収を食物繊維を摂取し過ぎてしまいますと妨いでしまうことになるのです。これと同様に、摂取のし過ぎはミネラルに関しましても禁物なのです。

 

まさに青汁のデメリットはここにあるかと思います。しかしきちんと正しく用量を守って青汁と付き合っていくことによって、このデメリットは皆無になるのです。

 

確かにケールで作られた青汁というのは苦くて不味いですが、栄養価は素晴らしいものがあります。抵抗なくミルクや牛乳などで割って飲むことによって、飲むことが出来るでしょう。